基礎知識

就活って何から始めるの?内定までの「流れ」と「やるべきこと」

就活って何から始めるの?内定までの流れとやるべきこと基礎知識
この記事は約10分で読めます。
【こんな人にオススメの話】
■まだ就活は始めなくてもいいかなと考えている人
■就活を始めてみたものの、全体の流れがよく分からない人
沙希
沙希

そろそろ就活始めないとだよね~。

葵

やること多そうで動く気になれないんだよね~。

沙希
沙希

やることがたくさんあることは分かってはいるけど、優先順位をつけるのって難しいよね。

葵

せめて、まずは何からやり始めればいいか分かったら動けるんだけどなぁ。

田中さん
田中さん

2人ともなんだか就活に取り組めていないようですね。

沙希
沙希

いつまでに何を取り組めばいいか分かったら動ける気がするのですが・・・。

田中さん
田中さん

やることが分からないというのは不安材料になりすよね。それでしたら、今回は就活を3年の4月に始めるべき理由をお伝えしましょう。

就活を3年の4月から始めるべき理由

田中さん
田中さん

就活を3年の4月に始めるべき理由は、他の就活生よりトライ&エラーが多くできるからなんです。

葵

トライ&エラーが多くできるってどういうことですか・・・?

田中さん
田中さん

就活では本選考が始まるまでにインターン選考という、いわば途中経過を評価する選考が存在します。インターン選考をこなす数が増えれば、その分だけ本選考に近い選考経験が積めます。仮に失敗をしても、本選考までに軌道修正をする時間があるので、結果的に内定が近づきますよ。

沙希
沙希

ちなみに、インターン選考というのはどの時期に行われるものなんですか?

 

田中さん
田中さん

インターン選考は年に3回あって、主に夏(8・9月)、秋(11月)、冬(12月・1月・2月)になりますよ。

葵

ということは3回のインターンを目標に就活は動いていけばいいってことですね!

田中さん
田中さん

ただがむしゃらに就活を行うのではなく、細かいマイルストーンを設けてPDCAを回していきましょう。

PDCA(サイクル)とは下記の頭文字を取った一連の活動を指す
Plan・・・目標設定
Do・・・実行
Check・・・振り返り
Act・・・軌道修正

就活の開始から内定までのスケジュール

就活のスケジュール

3年4月~3年9月まで

田中さん
田中さん

3年4月~3年9月までは、就活のやる気を高める期間になります。

葵

就活のやる気を高めるってどういうことですか?

田中さん
田中さん

就活生の多くは、就活が面倒で出来ればやりたくないと考えています。それは、何を行えばいいか分からないことが原因にあるんです。だからこそ、夏のインターンに受かるということはそれまでに行ってきたことが正しいという自信にもつながる。その自信が、就活を頑張ろうというやる気に繋がるんだ。

沙希
沙希

逆に言うと、夏のインターンで受からない場合はやる気がなくなってしまうということでしょうか?

田中さん
田中さん

もちろん、そういう就活生も一定数いる。ただし、忘れてはいけないのは、インターンはあくまでも現在の立ち位置を確認するため機会だということです。上手くいかなければ、なぜ上手くいかなかったのかを考え、次の秋インターンに備えましょう。

3年10月~3年12月まで

田中さん
田中さん

3年10月~3年12月までは興味がないことに向き合う期間になります。

葵

興味がないことに向き合うとはどういうことですか?

田中さん
田中さん

具体的には、興味のない業界がなぜ興味がないのかを言語化していくことが必要になります。

葵

就活は時間が限られているのに、なんでわざわざ興味のない業界に時間を割かないといけないんですか?

田中さん
田中さん

あえて時間を割くのは、最終面接で、「なぜ他の業界ではないのか?」という定番の質問に答えられるように準備するためなんだ。

葵

ちなみに、1月以降にその質問を準備するのではだめなんですか?

田中さん
田中さん

年明けになると、興味のない企業に時間を割くことが難しくなるんだ。だからこそ、できる限り効率的に活動していくためにインターンを活用しよう。

3年1月~3年3月まで

田中さん
田中さん

3年1月~3年3月までは最後の調整期間になります。特に大学のテストが終わる2月ごろからの時期で、今まででやり残したことをやり切ってしまおう。

沙希
沙希

この時期に、特にやっておいたほうがいいことはありますか?

田中さん
田中さん

特に新年度に入る前の2月は社会人と話す時間を増やすと良いですよ。

沙希
沙希

それはなんでですか?

田中さん
田中さん

3月~4月前後は部署の異動などがあるため基本的に忙しく、アドバイスなどをもらうことが難しくなります。ES提出の直前でコンタクトを取っても、掛け合ってもらえないケースが多くなるので、早めに行動しましょう。

4年4月~内定まで

田中さん
田中さん

4年4月~内定までは、トライ&エラーの繰り返し期間になります。

葵

特に意識的に行うべきことなどありますか?

田中さん
田中さん

上手くいった時も、上手くいかなかった時も必ず振り返りを行うことが大切です。特にこの時期は、ESや面接で落とされたりと、気持ち的に苦しくなることが多くなります。そんな時だからこそ、振り返りを行い、次につなげる行動をしましょう。

夏のインターンまでに取り組むべきこと

自己分析【優先度:★★★★★】

田中さん
田中さん

まず夏のインターンに向けて、必ず自己分析を行っておきましょう。

沙希
沙希

なんで自己分析の優先順位が高いんでしょうk?

田中さん
田中さん

自己分析はどこまでやったから完璧というものがないためです。だからこそ、1日でも早くから始めて、自己理解を深めましょう。また、自己理解が深めておくことが質の高いESに繋がりますので、早くから手をつけておくことが就活の結果を大きく左右します。きましょう。ちなみに、自己分析のやり方を知りたい人は下記を読んでみてください。

ES作成【優先度:★★★★★】

田中さん
田中さん

自己分析と並行してぜひES作成も進めていきましょう。

沙希
沙希

ES作成ってまずは何から始めればいいですか?

田中さん
田中さん

まず始めるべきは、代表的な設問である「学生時代に頑張ったこと」を400文字で書いてみることですね。最初はどうやって書けばいいか分からないですし、何を書くべきかも分からないかと思います。ですが、書いてみないことにはフィードバックをもらうこともできません。ですので、とりあえず書いてみるという気持ちが大切です。

沙希
沙希

具体的な書くコツや、気をつけるべきポイントがあれば教えてください!

田中さん
田中さん

まずは文章の正しい構成を知るだけでも、質の高いESに一歩近づきますよ。文章の構成について知りたい人はぜひ以下の記事を見てみてください!

SPI対策【優先度:★★★★☆】

田中さん
田中さん

SPIというのは、就活で主に活用される筆記試験の1種になります。インターンへの選考の1つとして、このSPIが課されるケースがあるので、特に数学に触れてこなかった文系の人は早めに対策を行っておきましょう。

葵

ちなみに、筆記試験ってどんなものが出題されるんですか?

田中さん
田中さん

利益の計算や文章題の読み取りなど、言語能力(=国語)と非言語能力(=数学)を図るための問題が出題されますよ。こちらも概要を知りたい人は以下の記事を読んでみてくださいね。

業界研究【優先度:★★★☆☆】

田中さん
田中さん

夏のインターンに参加するなら、どの業界・企業のインターンに参加するか決めなければなりません。そのためには、少なくとも興味を持てそうな業界を調べる必要があります。

沙希
沙希

ちなみに、どんな業界があるんですか?

田中さん
田中さん

業界は分け方にもよりますが全部で8から12に分類できます。もう少し詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照くださいね。

業界の一覧

面接対策【優先度:★★★☆☆】

田中さん
田中さん

夏のインターンで面接を課す企業は限られていますが、面接対策ができている就活生は限られています。どうしても行きたい企業がある方や、行きたいところは決まっていないけど、一部上場企業などに進みたい方はぜひここまでやっておきましょう。

葵

面接対策というとハードルが高そうですね・・・。

田中さん
田中さん

内定を貰ったみんなの先輩も最初は面接初心者だったわけだから、失敗を恐れずにどんどんトライ&エラーをしよう。ちなみに、面接を対策するなら、まずはどんな質問がされたりするのかを知っておくといいですよ。こちらも参考にご確認くださいね。

GD対策【優先度:★★☆☆☆】

田中さん
田中さん

優先度は低いですが、GDの対策も行っておきたいことですね。夏のインターンの段階では、よく出るテーマと流れについて押さえておけば十分なので、ざっと調べて流れをつかんでおきましょう。

沙希
沙希

面接の対策のように実践の対策は行わなくてもいいんですか?

田中さん
田中さん

実践の対策ができればいいんですが、この時期からGDの練習を行っているところがないため、インターン選考を実践の場にしていくのがお勧めです。そのために事前準備できることは事前に準備を行っておきましょう。

まとめ:就活を大学3年の4月から始めるべき理由

田中さん
田中さん

最後に本日お伝えしたことをまとめましょう。

1.就活を早くスタートすることで他の就活生より多くのトライ&エラーをして、内定を近づけよう!
2.がむしゃらに就活を始めるのではなく、夏のインターンに照準を合わせて活動を行おう!
3.夏のインターンに向けて、優先順位をつけた活動を行おう!
田中さん
田中さん

今回の話をもとに、就活を進めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました